車売却時に必要な書類とは【車売る時に必要なものをチェック】

MENU

車売却手続きをスムーズに進めるために

車売却手続きをスムーズに

車を売ろうとお考えの方へ。

 

車を売却する際にはいろいろと書類等が必要になってくるので、いざ車を売る時になって慌てる前に事前にチェックしておくと安心です。
役所で取得する書類等をきちんと把握しておけば、特に仕事で忙しい方などは事前予定を立てておくことができスムーズに売却手続きが進むので、しっかり確認しておくことをおすすめします。


車売却時に必要な書類をチェックしましょう

では、車売却時に必要になる書類を確認していきましょう。

 

普通自動車軽自動車では揃える書類がちょっと違ってくるので注意しましょう。
軽自動車のほうが比較的揃える書類は少なくて済みます。

 

 

普通自動車の売却時に必要な書類

 

>>軽自動車の必要書類はコチラ

 

自動車検査証(車検証)

 

自動車検査証(車検証)

 

自動車検査証(車検証)は車の型式、ナンバー、所有者等が記載されている書類で、これがないと車を売却することができない大切なものです。
道路運送車両法で常時車の中に保管することが義務付けられているので、通常は車の助手席の前にあるグローブボックスに入っています。

 

もし無くしてしまった場合は近くの運輸支局で再交付してもらいましょう

 

自動車検査証(車検証)再交付の方法はこちら

 

 

自動車税納税証明書(当年度分)

 

自動車税納税証明書

 

自動車税納税証明書は、毎年一回くる自動車税を納めたときにもらう証明書のことです。
税金を支払ったときに印が押され控えを渡してもらっているはずなので確認してみてください。
きちんと納税していないと車検を受けることができないので注意しましょう。

 

もし無くしてしまった場合は、普通自動車はそれぞれの都道府県税事務所、軽自動車はそれぞれの市町村役場で再発行してもらいましょう。

 

 

自賠責保険証

 

自賠責保険証

 

自賠責保険証は、車検の度に加入している強制保険の証明書のことです。
この証明書が無い場合や期限が切れてしまっている場合は売却できないので注意しましょう。

 

もし無くしてしまった場合は加入している保険会社に問い合わせて再発行手続きをしてください。
再発行には、免許証など本人確認できるものが必要で、確認できしだいすぐに無料で発行してもらえます。

 

 

実印

 

実印

 

普通自動車の場合は実印が必要になるので用意しておきましょう。
軽自動車の場合は認印(シャチハタ不可)でも大丈夫です。

 

自動車の名義変更をしてもらうために必要で、買取してもらう店から依頼してもらうときの委任状や譲渡証明書作成時に必要になるためです。

 

 

印鑑登録証明書

 

印鑑登録証明書

 

印鑑登録証明書は、実印の証明をするための書類で、きちんと市区町村に登録さているか確認するためのものです。
市区町村役場ですぐに発行でき、手数料は地域差はありますがだいたい300円前後かかります。

 

発行後3ヶ月以内、2通必要になるので忘れずに用意しておきましょう。

 

 

委任状・譲渡証明書

 

委任状譲渡証明書

 

委任状とは、名義変更を代行してもらうため車買取店等に提出する書類のことです。
譲渡証明書とは、自動車を譲渡した時に必要になってくる書類のことです。

 

委任状・譲渡証明書は、ともに車を売却する買取店や下取りに出すディーラーでもらうことができます。
いずれの書類にも普通自動車の場合は実印が必要で、軽自動車の場合は認印でも大丈夫です。

 

 

自動車リサイクル券の預託証明書

 

自動車リサイクル券

 

自動車リサイクル券の預託証明書は、リサイクル法により自動車のリサイクルが義務付けられたために、必要になってくる書類です。
通常は車検証と一緒に保管されているので確認してみてください。

 

もし見つからない、無くしてしまった場合はこちらのサイトで確認、印刷して利用できるのでご利用ください。

自動車リサイクルシステム

※リサイクル料金の確認、証明書の印刷ができます。

 

 

振り込み口座(メモなど)

 

通帳

 

売却代金は通常口座振り込みになるので、口座番号がわかるメモなどを用意しておいてください。
預金通帳やキャッシュカードなどが用意できればベストです。

 

 

 

住民票の写し ※住所が変更している場合

 

住民票

 

住民票は引っ越し等で車検証に記載されている住所が現住所と違う場合に必要になります。
また、引っ越しを複数回した場合には戸籍の附票または住民票の除票が必要になってきますので、注意しましょう。

 

要は現住所と車検証に記載されている住所が紐づけされるような書類を用意しておけば大丈夫です。

 

 

戸籍謄本 ※ご結婚などで姓が変わっている場合

 

戸籍謄本

 

戸籍謄本は結婚等で姓が変わっている場合に必要になりますので用意しておいてください。

 

 

軽自動車の売却時に必要な書類

自動車検査証(車検証)

 

自動車検査証(車検証)

 

自動車検査証(車検証)は車の型式、ナンバー、所有者等が記載されている書類で、これがないと車を売却することができない大切なものです。
道路運送車両法で常時車の中に保管することが義務付けられているので、通常は車の助手席の前にあるグローブボックスに入っています。

 

もし無くしてしまった場合は近くの軽自動車検査協会で再交付してもらいましょう

 

自動車検査証(車検証)再交付の方法はこちら

 

軽自動車税納税証明書(当年度分)

 

軽自動車納税証明書

 

自動車税納税証明書は、毎年一回くる自動車税を納めたときにもらう証明書のことです。
税金を支払ったときに印が押され控えを渡してもらっているはずなので確認してみてください。
きちんと納税していないと車検を受けることができないので注意しましょう。

 

もし無くしてしまった場合は、普通自動車はそれぞれの都道府県税事務所、軽自動車はそれぞれの市町村役場で再発行してもらいましょう。

 

自賠責保険証

 

自賠責保険証

 

自賠責保険証は、車検の度に加入している強制保険の証明書のことです。
この証明書が無い場合や期限が切れてしまっている場合は売却できないので注意しましょう。

 

もし無くしてしまった場合は加入している保険会社に問い合わせて再発行手続きをしてください。
再発行には、免許証など本人確認できるものが必要で、確認できしだいすぐに無料で発行してもらえます。

 

認印

 

認印

 

軽自動車の場合は認印(シャチハタ不可)でも大丈夫です。

 

自動車の名義変更をしてもらうために必要で、買取してもらう店から依頼してもらうときの委任状や譲渡証明書作成時に必要になるためです。

 

自動車リサイクル券の預託証明書

 

自動車リサイクル券

 

自動車リサイクル券の預託証明書は、リサイクル法により自動車のリサイクルが義務付けられたために、必要になってくる書類です。
通常は車検証と一緒に保管されているので確認してみてください。

 

もし見つからない、無くしてしまった場合はこちらのサイトで確認、印刷して利用できるのでご利用ください。

自動車リサイクルシステム

※リサイクル料金の確認、証明書の印刷ができます。

 

 

売却時に必要な書類のまとめ

 

普通自動車

 

普通自動車の場合

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車税納税証明書(当年度分)
  • 自賠責保険証
  • 実印
  • 印鑑登録証明書2通
  • 委任状・譲渡証明書
  • 自動車リサイクル券の預託証明書
  • 振り込み口座(メモなど)
  • 住民票の写し ※住所が変更している場合
  • 戸籍謄本 ※ご結婚などで姓が変わっている場合

 

車のダッシュボード内にあったり買取店が用意してくれる書類があるので、実際に自分で役所等に行き用意、手配しないといけない書類はこちらになります。

  • 自動車税納税証明書(当年度分)
  • 実印
  • 印鑑登録証明書2通
  • 振り込み口座(メモなど)
  • 住民票の写し ※住所が変更している場合
  • 戸籍謄本 ※ご結婚などで姓が変わっている場合

 

軽自動車

 

軽自動車の場合

  • 自動車検査証(車検証)
  • 軽自動車税納税証明書(当年度分)
  • 自賠責保険証
  • 認印
  • 委任状・譲渡証明書
  • 自動車リサイクル券の預託証明書
  • 振り込み口座(メモなど)
  • 住民票の写し ※住所が変更している場合
  • 戸籍謄本 ※ご結婚などで姓が変わっている場合

 

車のダッシュボード内にあったり買取店が用意してくれる書類があるので、実際に自分で役所等に行き用意、手配しないといけない書類はこちらになります。

  • 軽自動車税納税証明書(当年度分)
  • 認印
  • 振り込み口座(メモなど)
  • 住民票の写し ※住所が変更している場合
  • 戸籍謄本 ※ご結婚などで姓が変わっている場合

 

車売却価格を少しでも高額にしたい人は要チェック!

車売却要チェック

車売却に必要な書類がチェックで来たら、次はいよいよ車買取店を探すことになると思います。
一昔前なら、近所の車買取店に持ち込んで査定をしてもらうのが当たり前でしたが、今ではネットを使った査定が主流になってきています。

 

一括査定を利用しよう

ネット査定では実際に車を見ての査定ではないので概算価格しかわかりませんが、売却額のおおよその目安になります。

少しでも愛車を高く売るためには、ネット査定に複数申し込んで査定額を比較するのがおすすめです。

 

でもいちいち複数の店舗に車の情報を入力してネット申し込みするのも手間ですよね。
そこでベストな方法が『車買取一括査定サイト』を利用するということなんです。

 

車買取一括査定サイトでは車の情報を一度入れるだけで、10社程度の車買取店の概算査定額を知ることができる便利なサイト。
約1分程度の時間があれば入力でき、家にいながら査定額が比較できるんです。
申し込んでみるとわかりますが、同じ車でも買取店によって査定額は結構ばらつきがあり人気車だと数十万円もの開きが発生する場合もあるんです。

 

あとは一番高額な概算査定を出してくれた車買取店に出張査定に来てもらって売却すればOKですよ!

 

下記に『車買取一括査定サイト人気ランキング』がありますので、参考にしてみてください。

 

車買取一括査定サイト人気ランキング

 

車買取一括査定サイト人気ランキング

 

ズバット

一括査定数:最大10社

(提携買取業者:ガリバー・カーチス・カーセブン・ラビットなど約200社以上)
「ズバット車買取比較」は、ウェブクルーというマザーズ上場企業が運営している一括査定サイトで、買い取り実績50万人以上もの利用者から選ばれているので信頼度は間違いなし。
大手を含む200社以上の車買取店がオークション形式で競り合うので、実際に一括査定の料金差が70万円超になった例も!
「ズバット車買取比較」は、愛車を本気で高く売りたい人にオススメの車買取比較サイトです。

 

http://www.zba.jp/car-kaitori/

 

ズバット

 

 

かんたん車査定

一括査定数:最大10社

(提携買取業者:ガリバー・カーチス・カーセブン・アップルなど約50社)
「かんたん車査定ガイド」は、エイチームというマザーズ上場企業が運営している一括査定サイトで高額な見積を提示してくれる買取業者が多いと評判です。
また、メーカー・車種などを入力したらすぐに概算最高額がわかるというところが多くの方に利用されている理由なんです。
大手を含む50社以上の車買取店が参加していて、もちろん一括査定の信頼度も抜群!実際の業者間価格差60万円以上になった例もあります!
少しでも愛車を高く売りたい、とにかく概算最高金額を知りたい、という人にはオススメのサイトです。

 

http://a-satei.com/

 

かんたん車査定

 

 

カービュー

一括査定数:最大8社

(提携買取業者:カーチス・カーセブン・ラビット・アップルなど約200社以上)
「カービュー」は、あのソフトバンクグループが運営する老舗の一括査定サイトで、長い運営機関によって実績NO.1の買取数、利用者は390万人を突破!
中古車ネットワークの幅が広く、他では出てこない買取店が出てくることが多いので、他のサイトで満足できなかった場合に利用するのがオススメです!
また、大型バス・トラック・建機などの「商用車」や、不動車・水没車などの「事故車」でも大丈夫なので便利ですよ。

 

https://kaitori.carview.co.jp/

 

カービュー

 

 

カーセンサー

一括査定数:最大30社

(提携買取業者:大手の他にも地域の中古車買取店多数500社以上)
「カーセンサー.net」は、リクルート運営の一括査定サービスで日本最大級のカーコミュニティーサイトです。TVCMや中古車情報誌「カーセンサー」としても有名ですよね。参加業者は大手はもちろん、情報誌で培ったネットワークをもとに「地域の中古車販売店・買取店」も参加しているので、多様なニーズから思った以上の高額査定が出る可能性あり。
ページ下部より、メーカー・車種別の相場や価格変動グラフが見れるので、参考に見てみるのもオススメですよ。また、事故車買取にも力を入れていて、事故車・修復歴ありの車でも事故歴OKの買取店が一目でわかるようになっているので安心です。

 

http://kaitori.carsensor.net/

 

カーセンサー

 

 

楽天オート

一括査定数:最大9社

(提携買取業者:カーチス・カーセブン・ラビット・アップルなど約90社以上)
「楽天オート」は、あの楽天が運営する比較的新しい一括査定サイト。
まだ参加企業は少ないのですが、
申込み時と成約時の両方で楽天ポイントがもらえるのが特徴です。
見積り査定の申込みで5ポイント、
さらに車買取の成約で1500ポイント進呈
されます。
他の一括査定サイトと比べて買取額が同じであれば、さらに楽天ポイントも貰えるのでいいかもしれませんね。

 

http://auto.rakuten.co.jp/kaitori/

 

楽天オート

 

 


書類と一緒に用意しておくと【プラス査定】になるものもチェックしておきましょう!

整備手帳

 

整備手帳

 

整備手帳は車の点検、修理の履歴が記入してある書類で、今までどのようなトラブルがあったなどの履歴も書いてあります。
きちんと整備を受けてノートラブルだった車ほどプラス査定になります。

 

たいていは車検証と一緒に車のダッシュボードに入っているのでチェックしてみてください。
中古で購入した場合にはない場合があります。

 

 

取り扱い説明書

 

取り扱い説明書

 

取り扱い説明書は、文字通り車の取り扱いに関す説明が書いてあるものです。
操作がわからない時やトラブル時の対処法などの場合に役立つので、きちんと保管されていればプラス査定になるでしょう。

 

たいていは車検証と一緒に車のダッシュボードに入っているのでチェックしてみてください。
中古で購入した場合にはない場合があります。

 

 

スペアキー

 

スペアキー

 

最近ではオートロックやセキュリティ機能が内蔵されたものがほとんどなので、キーの価格は結構高額になっています。
なので、きちんとスペアキーが保管、用意されていればプラス査定になるでしょう。

 

 

取り外した純正品

 

純正品

 

車にアフターパーツを付けた場合は、元々ついていた純正品があったほうがプラス査定になる場合が多いです。
次の購入者のためにきちんと純正パーツは保管しておくことをおすすめします。